~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年3月31日月曜日

部落民とのトラブル(生立ち編-19)

さて、以前、ブラックバス釣りにハマった時に、
釣り仲間の一人が部落民だった話をしました。
その友人とは、数回釣行に出かけたり、
同和地区の彼の家にも行った記憶がありますが、
その頃の私は、部落を差別していましたので、
「同級生なので仕方なく・・・」という、半ば社交辞令的な、
表面的な気持ちで付き合っていました。

しかし、しばらく付き合う内に、
その部落民と、あるトラブルを起こしてしまいました。
全面的に、私に非があったのですが、
自分の力では、解決できなくなってしまい、
友人に話をつけてくれるように頼みました。

在日韓国人で、後に地元の暴走族の頭になる
 「顔役」的な友人でしたが、
その時、彼はこう言いました。
「シンちゃん(私の愛称)。こりゃ、相手が悪いわ。
あいつは大したことないけど、部落がなー」
続けて、彼は
「部落が、後々コワイねん」
と言いました。

顔役の友人でさえ敬遠してしまう、
「部落」という、見えないけど強力、かつ巨大な“何か”に
私は、仕方なく詫びを入れることにしました。

その場は、収まったのですが、
二度と、その子とは、話をすることさえなくなりました。
同和指定校であった我が中学では、
部落を好き嫌いにかかわらず、部落民と付き合うことになります。
同和指定校であるがゆえに、同和教育もなされているはずでしたが、
私達、生徒の認識は皆一様に、その様な認識であった様です。
その様な認識とは・・・
部落はコワイ!!
と言う誤った認識です!!

部落って、ホントに怖いのでしょうか?
部落の何が怖いのでしょうか?

誤った認識が、誤った口伝が、都市伝説のように
親から子へ、又、友人から友人へ伝わっていき、
いつしかそれは、その人の中で増大され、
知らず知らずのうちに差別者へとなっていきます。

差別をなくすためにも、「部落」とは何か?
部落ってどんな所?と言うことを、
皆さんに知っていただきたく、このブログを続けています。

部落を皆さんに知ってもらいたい!

このブログを、多くの方に見てほしい。そして、

部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・

そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ


どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m


4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

そりゃ過去に徒党組んで何度か事件起こしてきたから意図せずとも人々は部落を怖がる。
実際どうか以前によくわからないものには前例で判断するしかない。それは何にとってみても当たり前のことだ。ある意味その事件(行政に集団で補助金あげろと文句いったりしてたり)が風化するまで待つしかない

逆差別反対 さんのコメント...

誤ったも何も実際部落はややこしいでしょ。

近所の部落はヤクザだらけでしょっちゅう発砲事件があるし、チンピラが何度も恐喝、強姦、シャブで捕まってる。

無理やり差別してるからそう感じる、などと断定して部落側から語るのはやめてもらいたい。

s sugi さんのコメント...

逆差別反対さん。
これぞ、偏見と言わずして、なんと言いましょう。
部落=悪の巣窟と言うイメージを払拭するためにこのブログを続けていますが、
少々反論を。

逆差別反対さんの地域はわかりませんが、
一般的に、発砲のあるようなヤクザ事務所は、
むしろ部落外のほうが圧倒的に多いですし、
数々の事件も、部落外で起こる事例のほうが多いです。
また、部落やヤクザ以外でも、恐喝、クスリの問題は
日常茶飯事です。
(芸能界ですら、クスリが蔓延しているのですから)
部落ということで、強調される面があるのです。

匿名 さんのコメント...

八鹿高校事件がありましたからね。