~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2015年3月17日火曜日

被差別部落の受験シーズン

いつも「被差別部落の暮らし」をお読み頂き、誠に有難うございます。

少し前、被差別部落の正月風景を書きましたが、早いものでもう3月も半ば。
被差別部落だけではないですが、巷では今、進学シーズンを迎えております。
被差別部落在住の私の姪っ子(妻の姉の子)も、先日、高校を受験し見事合格しました。
小さな頃から、あまり勉強が出来ない様子でしたので、
叔父の私もひと安心で、胸を撫で下ろしております。

さて、そんな巷の受験シーズンに合わせて、
被差別部落の受験シーズンについて、今日は書いてみようと思います。

ただ、「被差別部落」だから、特別何かあるというわけではありません。
受験も、なんら、変わりがありませんので、記事になるか心配なのですが・・・。

現在では、被差別部落も一般地区と変わらない進学率になっておりますが、
少し前、そうですねぇ・・・昭和の中頃ぐらいまででしょうか?
進学率どころか、就学率ですら劣悪な時代が続いていました。

江戸幕府が崩壊し、明治維新後、新政府が樹立され、
明治4年に、所謂『解放令』(=通称。正式には「穢多非人の称を廃す」という太政官布告)が
出されるのですが、この太政官布告は、「称」を廃するにとどまらず、
それまで彼らに与えられていた権利(職業)をも廃してしまいました。

それにより、それまでエタ身分であった、部落民の先祖たちは、
斃牛馬の処理権や、役人業務などの職業的特権をも取り上げられ、
部落民達の生活は、一気に困窮を極めました。

それ以来、近年に入るまで、(特に、S44年、同和対策関連の法律が施行されるまで)は、
家の事情で学校に行けない・親が行かせない・
例え学校へ行っても、学内で教師や他生徒の差別にあうetc・・・。

そこには、あらゆる面で「学校に行けない」状況がありました。

それでも、同和関連法の施行により、住環境が改善されるに従い、
就学率が増加、それに伴い、高校~大学への進学率も増加していきました。
ようやく、一般地区との進学率の差がなくなってきたのは、ここ二十余年程の事かと思われます。

さて、進学に関して、今日は少し突っ込んだ話をいたしましょう。
その前に、言っておかなければならないのですが・・・
これは、あくまで過去の話です!

=============

部落(同和地区)生徒の進学率が低かったのは、いくつかの要因があるのですが、
その一つに『貧困』が挙げられました。

つまり・・・
「日雇いや、内職などの不安定な仕事に就いていた、
いや、日雇いでも仕事があるのならまだいいほうで、職がない方も多かったので、
貧困で学校へ行かせる事が出来ない。」
という訳です。

そんな訳で、長く学校へ行けなかった子供たちのために、
同和対策として「奨学金」を出しましょうという施策が出来ました。
所謂、同和奨学金といいます。
【勿論、現在は廃止されておりますので、奨学金や家賃減免等の同和施策は一切ありません】

奨学金というのは、本来は「お金を借りて学校へ行き、就職後に返済する」
出世払い制度であるのですが、一部自治体では、不明瞭な奨学金システムで、
後年、問題になるケースがありました。

例えば、K市の場合「各人に貸付された奨学金を、K市が肩代わり返済する」と
言うシステムが構築されており、実質的に、借入者からの奨学金の返済は行なわれておらず、
市民ウオッチャーが、当時の市長であるM氏他への損害賠償請求を起こし、
M氏他への賠償命令がでています。

この奨学金を始め、部落への各種の施策が、「なんで部落だけ?」と言う、
「逆差別論」が出たことも事実です。

============

部落(同和地区)には、住環境の改善を始め、色々な施策が行なわれたのは、
皆様承知の通りであります。
それに対して、一般地区の方々の中には、「同和優遇・逆差別・同和利権」であり、
それが新たな差別に繋がるという指摘をされる方々もおられます。

しかし、どうでしょう?

同和施策というのは、法律や条例に従い制定し、国や自治体が施行しておりました。
我々が選んだ代議士により決められた施策、つまり、
我々が決めた施策と言っても過言ではありません。

勿論、施策である以上、賛否両論があるのは当然ですが、
そこは、多数決の原理=民主主義の原理であります。
中には、K市のように行き過ぎた施策もあり、それは批判に値しますが、
多くの同和施策は、正当な過程を経て実施されております。

私は、これを部落民の権利(ケンリ)であると認識しており、それによって部落民が
批判の対象になるような事があってはならないと考えます。

ただ、この様な同和施策も、
「地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の終了と共に、
平成14年完全終結いたしました。
現在は、このような奨学金や、家賃減免等の数々の同和施策は一切終了しました。
私の義姉も、他の家と変わらずでしょうが、「入学金も学費も高いしイヤや~!」と
ブツブツこぼしております。

================

今日のこの記事に関しましては、色々ご批判もあろうかと存じますが、
このブログでは、事実を事実として書くことをモットーにしておりますので、
あえて、受験進学シーズンに合わせて、このような記事を書きました。
これからも、「被差別部落の暮らし」をよろしくお願いいたします。

部落を皆さんに知ってもらいたい!
ブログランキングは、ランキングが上位に来るほど新規閲覧者の目にとまりやすくなる仕組みです。
差別をなくす為に始めた「被差別部落の暮らし」をより多くの方がに見て頂ける方法の一つとして、
ブログランキングに参加しております。下記の↓ボタンを押して頂ければありがたいです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
(別ページヘジャンプしてしまい、煩わしさをお掛けしますが、新しいブログを発見できるかも知れません)
どうか、クリックお願いしますm(_ _)m