~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2015年2月25日水曜日

長屋(ながや)【生立ち編-33】

■長屋(ながや)

いつも、「被差別部落の暮らし」をお読み頂き、誠に有難うございますm(_ _)m
このブログのメインコーナーである「生い立ち編」も、やっと高校生の頃まで進みました。

しかし、こうやって毎回、回想しながら文章に起こしておりますと、
「そういえば・・・」と言うことも、多々思い出されます。
そうやって思い出すのはいいことなのですが、構成上、後戻りしたり、
行ったり来たりでは、読者様の混乱を期すのではないかと危惧しておりますが、
ただ、「被差別部落の暮らし」では、“ありのままを読者様に伝えたい”
という思いも同時にあります。
私の被差別部落関連の体験記である「生い立ち編も」そんな一つであります。

そのことを踏まえて、私の幼少期の思い出を一つ思い出しましたので、
時期が少し遡りますが、今回、書かせていただこうと思います。


2015年2月10日火曜日

遅ればせながら上原善広さんを知りました

恥ずかしながら、私が上原善広氏と言う作家を知ったのは、
つい最近のこと。
年末に何気にYouTubeやニコニコ動画を見ていた時のことでした。

その中で、ニコニコ動画の「ニコ生」の再放送?で、
部落を話題に対談している上原善広氏を知ったのです。

時間の関係で、番組を全て見ていないのですが、
冒頭で、上原氏の紹介をされていました。
その時、手にされていた雑誌に、
被差別部落の訪問記を書いているということでしたが、
私は、その光景を見た時に、数年前「BUBKA」と言うパルプ・マガジン(低俗雑誌)が
京都の同和地区を写真付きで掲載した、所謂「BUBKA差別問題」を思い出しました。
それは、私も目を通しましたが、当時流行っていたJRのキャッチフレーズを悪用し、
「そうだ、京都行こう!」との表題で、京都の被差別部落と在日集落を
悪ふざけ・面白半分でレポートするという劣悪なものでした。

私は、当初、「懲りずにまたか?」と思いましたが、
よくよく聞けば、著者の上原氏は、何と被差別部落の出身者という。
その被差別部落は、私も幾度か訪れたことのある大阪府内の被差別部落で、
フィールドワークで馴染みもあったため、早速、氏の著書を2冊読んでみました。
 ◯私家版差別語辞典
 ◯路地の教室
という、2冊です。

2冊読んでみて、非常に氏に対して親近感を覚えました。
素人の私が、プロの作家に対して非常におこがましく、失礼なのですが、
それを承知で言わせてもらうと、氏の部落に対する考え方と、
私の考え方は、非常によく似ており、また、著書の中でも非常に
似通った内容も有りまして、とても共感が持てました。

ナゼ、今まで知らなかったのか不思議なくらいでしたが、
ここに来て、氏の著書に巡り会えたのも、縁あってのことかもしれません。
(本当におこがましいですが、私の私感ですのでお許しを・・・)

そこで、氏のことも少し分かりました。
件の雑誌(実話ナックルズ)についても氏は、「路地の教室」の中で、
~『実話ナックルズ』などの、コンビニの成人コーナーで売っているような
いかがわしい雑誌にしか書けなかったのです(文章ママ)~
と書いておられているので、納得した次第であります。

ちなみに、やはり連載当初は、同和団体からの抗議もあったようです。
それと、その連載は、「日本の路地を旅する」という題名で
単行本化されているそうですので、ぜひ次回読んでみようと思います。

氏は、著書の中で部落に関する文章を書くことも、
一つの解放運動だとおっしゃっています。
私も同じで、このブログを書くことで部落解放・差別解消を目指しています。

オチのない、とりとめのない文章になってしましましたが、
そんな訳で、是非とも、これからも「被差別部落の暮らし」を
よろしくお願いいたします。

部落を皆さんに知ってもらいたい!
ブログランキングは、ランキングが上位に来るほど新規閲覧者の目にとまりやすくなる仕組みです。
差別をなくす為に始めた「被差別部落の暮らし」をより多くの方がに見て頂ける方法の一つとして、
ブログランキングに参加しております。下記の↓ボタンを押して頂ければありがたいです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
(別ページヘジャンプしてしまい、煩わしさをお掛けしますが、新しいブログを発見できるかも知れません)
どうか、クリックお願いしますm(_ _)m