~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年8月22日金曜日

子供のお祭り・部落の地蔵盆:その1

朝晩は、少し過ごしやすくなりましたね。
広場ではコオロギの声も聞こえてきて、
チョットずつ秋が近づいてまいりました。

前回は部落のお盆の様子をお届けしましたが
如何でしたでしょうか?
全国津々浦々色々なお盆のカタチがあるでしょうが、
部落の・・・それも一つの部落のお盆のカタチ
という事でお読みいただければ幸いです。

今日は、前回に引き続き「被部落の文化」について
お話しようと思います。

そう言う意味では、「生い立ち編」が
ここ暫くお休みになっておりますが、
それだけ行事が多いのですね。
生い立ち編については今後も引き続き
書いて参りますのでよろしくお願いいたします。

さて、今日のテーマは「被部落の地蔵盆」です。

「なんだぁ!?今日も“盆”か!」

・・・なんて思わないで、もう少しお付き合いお願い致します。

“地蔵盆”
 wikiによりますと・・・
{地蔵盆は全国的に行われている風習であるが、
京都府滋賀県大阪府奈良県神戸市三重県
福井県若狭地方など近畿地方を中心とする地域で特に盛んである}
とあります。

どうやら全国にもある行事らしいですね。




では、一般的な地蔵盆の概要を書いてみます。
(私の子供の頃の地蔵盆をモデルに!)

◎概要
町内の地蔵を祀るお祭り。
地蔵盆は児童盆!?
というくらい子供主役の行事なのですが、
これは、地蔵が子供の守り神であることに由来するのでしょう。

◎単位
祭りは町内単位で行われます。

◎日時
8月16日のお盆が過ぎてから。
町内ごとに決定されるので「この日」というのは
決まっていない。昔は土・日で行なわれたが、
最近は少子化や町内役員の減少などにより
1日で済ませる町内も多いが、
いずれにしても、子供たちにとっては、
夏休みの最後を飾る大きなイベントの一つです。

◎場所
場所は、町内の広場や空き地にテントを立てて
場所を作る事が多いが、最近は熱中症対策として
世話役さんが自宅やガレージを
提供されることもあるようです。
その場合、道路(多くは路地)は期間中
通行止めにされます。

◎地蔵
当地域では、地蔵は小さなものです。
大きさで言うと50cm程度でしょうか。
童話「笠地蔵」に出てくるような立像ではありません。
各町内に祠があり、その中にお祀りしてあります。

◎アトラクション
おやつの配布や抽選会、金魚すくい、花火など
各町内で工夫をこらし子供たちを楽しませています。

◎宗教行事
地蔵盆は児童盆とは言っても
宗教行事の一つでありますので、
当然それに関連した行事もあります。

地蔵盆の期間中にはお寺さんを呼び
お経をあげ供養をします。
地蔵は、各町内にあるのですが、
道祖神的な要素を多分に含むため、
年に一度だけ、お寺さんから
供養の読経が行われるのです。

◎あんどん
 8月に入ると、地蔵盆の準備として
「あんどん」の制作に掛かります。
あんどんと言っても大きなもので
道路に渡して吊り下げます。
だから、幅2~3mくらいでしょうか。

骨組みは毎年使いますので組み立て式。
組み立てと吊り下げは大人の仕事ですが、
子供達は大きな模造紙に絵を書きます。

漫画のキャラクターやスポーツカーなど、
各自思い思いに書きます。
それを骨組みに巻きつけ、
中に電球を入れてあんどんとしますが、
最近はあんどんも殆ど見なくなりましたね。

地蔵盆自体が縮小の方向に向かい、
簡素化しているわけです。
寂しい話ですが時代の流れでしょうか?

◎提灯
あんどんが来れば提灯ですね。
提灯も各家庭の軒先やテントに飾られます。
多くは、卍が入った提灯です。

◎子供たちの様子
先述したように、子供たちにとっては
夏休み最後の大きなイベントです。
子供を連れて帰省中の親御さんも
その日に合わせて帰ってきますし、
それ以外の方も、その日には予定を入れないことが
しきたりでした。

子供たちは、朝から町内に作られたテントに集合し、
ゲームをしたりして楽しみます。
あ、その頃のゲームですから、「人生ゲーム」なんかの
ボードゲームや将棋などです。

まぁ、当時は地蔵盆以外でも、
毎日がそんな感じで近所の者と遊んでいましたが、
場所が違うと気分も変わるものです。

そのうち、時間が来れば抽選会や金魚すくいを
するわけです。
だから、子供たちは食事以外はテントに居ましたね。
食事も近所の方の家におじゃましたり。
とにかく、この日は大人も含めて
地域ぐるみで楽しみます。

まぁ、こんな所が私の育った地域をモデルにした
地蔵盆の概要です。
このような風習のある方には馴染みのある光景でしょうし、
(もっと豪華!!という方もおられるかも!?)
このような風習のない方には、とても興味深い
風習かと思われます。

次回は、いよいよ被差別部落の地蔵盆の模様を
お届けしたいと思います。
どうぞ、お楽しみに!!



部落を皆さんに知ってもらいたい!
このブログを、多くの方に見てほしい。そして、
部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・
そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m

0 件のコメント: