~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年9月7日日曜日

水上勉の生家を訪ねて:その1/行って記・見て記・被差歩記-1

前回、予告編を書きました「行って記・見て記・被差別歩記」。
記念すべき第一回はどこを書こうか悩みましたが、
いちばん最近に行った所を書こうと思います。

では、はじまりはじまり~。
 _________________________
 ◎行って記・見て記・被差歩記-1
(いってき・みてき・ひさべつあるき-1)

「水上勉の生家を訪ねて 」
_________________________

被差別部落から見た現代文学史において
外す事ができない2人の作家がいる。

一人は、自らも被差別部落出身を半ば公言し、
部落をモチーフにした作品を執筆している芥川賞作家「中上健次」。

そして、もう一人は直木賞作家の「水上勉」である。

今となっては、何であったかすっかり忘れてしまったのだが、
以前、何かの折に水上の言葉を見聞したことがある。
 「京都の大学に通っているとき、近くの部落からお母さんと娘とが手を繋いで出てきた。
その頃のことが今でも心に残っている・・・」
うろ覚えで申し訳ないが、たしかこの様な文面であったかと思う。

また、水上は、大阪・浪速部落にある「大阪人権博物館《リバティおおさか》」の
設立に関わり、その銘板を書いていることからも分かるように、
非常に被差別部落と関係が深い作家であるが、
それは、彼の生い立ちに由来するところが大であろう。
_________________________

NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の舞台となった
福井県・小浜市から西へ車で30分。
目の前に広がる小浜湾を眺めながら一息つく。

福井県O町。
5月の太陽は、もはや夏が訪れたように大きく暑い。
海を眺めている空には大きなトンビが「ピーヒャラ」と鳴き、
時折、海面から魚が跳ねる。
それだけでも、この地が自然豊かな街であることを
窺い知ることが出来るのだ。

原発地帯である福井県は、
不思議と被差別部落のある地に原発が建てられている。
同和財源や雇用を確保するためか、
それとも単なる偶然か、理由はよくわからない。

ここO町も例外ではない。
地区内に原発を含むこの地域では、
東日本大震災による原発事故よりもずっと昔(誘致時)から
原発推進派と反対派が村を2分し、現在も尚、対立が続くと言う。

私は、以前から度々この地区を訪れることがあり、
地区内に暮らす人々の話を聞いたことがある。
初めの頃は、反対派の方に推進派寄りの話し方をして
気まずくなったり、又、その逆もしかり。

今は、この地では迂闊に派閥の話をしてはいけない事がわかり、
話し方にも大変気を使うのである。

________________________

海側から国道27号線を越え、地区内陸部へと向かう。
JR線までの所狭しと家が並ぶ地域を超えると、
風光明媚な田園風景が広がる小さな平野に出る。

平野の真ん中に流れるS川は、
水上作品にも度々出てくる、
この地区を代表する川である。

かつて水上が見たであろうS川を眺めながら
しばし物思いにふける。
田舎の川と言うわりには、
お世辞にも綺麗とは言いがたい流れの中に、
大きなニゴイが2匹、3匹と泳いでいる。

やがて、水上がこの地にとどまっていれば
通うことになっていただろうO中学の昼休みを告げる鐘の音に、
私は再度 水上の生家を目指すことにした。

先ほど「小さな平野」と書いたように、
川を中心にした田園から、
左右から迫る山裾に沿う様に小集落が見える。
そんな集落の一つ「O集落」が水上の生まれた地である。

水上曰く、
そのO集落は、「近隣から長く乞食谷(コジキダン)」と
呼ばれていたそうである。

乞食谷とは些か穏やかではないが、
かつてO町内には被差別部落が一箇所あり、
1973年、部落解放同盟の設立が準備されたが、
集落内の融和ムードに押され消滅したそうである。
 
水上が生まれた「乞食谷」がそうであるかどうかは
分からないが、少なくとも周辺から
「乞食谷」と呼ばれるほど貧しく、差別されていた様子は、
その記述を見れば一目瞭然である。
(ある報告によると、「O町内の被差別部落の戸数は30戸」
と言う記述が有ることから、水上の生家の集落ではないかと思われるが・・)

水上は又、こうも綴っている。
「何故、乞食谷と呼ばれているのか今もわからない」・・・と。

_________________________

丁度、O集落の入口に住宅の案内図が掲げられていた。
以前は割りにどこでも見られた光景であるが、
近年、個人情報保護の観点から都会では、
住宅案内板はほとんど見なくなった。
まだそれだけ、この地が長閑だということであろう。

案内図には周辺地区や中学などの公共施設にも、
通し番号が振ってあるのだが、ざっと見る限り、
この地区の戸数は70戸ほどである。
車で集落に乗り入れた限りではわからなかったが、
こうして見取り図を見てみると、
この集落が山と山に挟まれた“谷”であることがよく分かる。

見取り図の14番に「水上」の苗字が見て取れるが、
フィールドワークの前に学んだ知識では、
水上の生家は現在は取り壊され、建物が無い事と、
水上の親類が、今も尚この地区に住んでいるということから、
どうやら、この家は水上の親類宅であるようだ。

案内図にはそれ以上の情報がなく、
途方に暮れていると、道路の反対側でトラクターの
整備をしている方がおられた。
私は車を降り、そこへ駆け寄った。

年の頃なら70歳半ば位のおじいさんであったが、
トラクターの整備をされているところから見て、
まだまだ現役バリバリの農夫なのであろう。

「スイマセン。この辺りに“ミズカミツトム”先生の
生家があると聞いてきたのですが。」

普段は、水上=“ミナカミ”と読む私も、
現地では本名の方が通じるだろうと、
あえてミズカミの読み方で言ってみたのである。

おじいさんは「ミズカミ・・・?」
と、やや怪訝そうな顔をして、こう続けられた。
「ミズカミさんとこは、もう何にもないよ。
随分昔に家も壊してなぁ・・・。
今は空き地にざくろの木があるだけじゃ・・・。」

案の定、おじいさんはミズカミを使っている。
だが、私が気がかりになったのはおじいさんの
怪訝ぶりである。
なにやら、人に知られたはいけない・・・、
なにか重大な隠し事をしている事を知られたような
そんな雰囲気が漂っていたのである。

私は、そのおじいさんの怪訝さに違和感を覚えた。
想像していた応対とは明らかに違った応対だったからであるが、
それは、取りも直さず、水上の生家を尋ねる人がほとんどいないことを
物語っているようだった。

実はこの集落の近くに、
生前、水上が私財を投じて作った「若州一滴文庫」がある。

これは貧しくて本も買えなかった幼少期の水上の思い
-地域の子供達に心ゆくまで本を読んでもらいたい-
という、「長年の思い」が形になったもので、

言わば、私設図書館である。

10年ほど前までは、水上の弟さんが管理をされていたらしいのだが、
弟さんの死後は、町が買い取り運営管理を行っている。
どうやら、殆どの方々は若州一滴文庫止まりで、
生家まで足を運ぶ方は少ないことが
おじいさんの応対から見て取れた。

おじいさんの「お前なぁ・・・一体どこからそんな事聞いてきたんじゃ!」

と、言わんばかりの空気を察した私は、
すかさず「行かんほうがいいですかねぇ?」と聞き返した。

「いや・・・。行ってみてもええけど・・・」と、
おじいさんはゆっくりとした口調で道を教えてくれ始めた。

どうも、私の杞憂だったようだ。

「田舎の方は、案外話下手が多いんだよなぁ」なんて事を、
随分前に死んだ、生涯田舎者だった祖父と姿を重ね思い出した。
おじいさんは続ける。
「ここをまっすぐ行った先の公民館の前に車を停めて・・・云々」

だが、不案内な場所である為、
おじいさんの言っていることの半分しかわからなかったが、
聞き返した所でわからないのは失礼に当たると思い、
おじいさんに礼を言って車に戻った。

その2へ続く。
 __________________________

  
行って記・見て記・被差歩記
                 「水上勉の生家を訪ねて:その1」   その2→      


部落を皆さんに知ってもらいたい!

このブログを、多くの方に見てほしい。そして、

部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・

そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m

                           

0 件のコメント: