~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年9月25日木曜日

あいつ、部落のくせに・・・【生立ち編-31】

高校生になってからは、中学時代よりも頻繁に夜中に
友人たちと遊ぶようになっていました。

遊び相手は、やはり近所の幼馴染み。
つまり、中学時代の友人が多かったのですが、
その日初めて会ったような、俗にいう「友人の友人」と言うのも、
よく一緒になって集まっていました。

ある時、前出「部落民とのトラブル」で紹介した、
在日韓国人で地元暴走族の友人K君達と
たむろって(集まって)いた時のことです。

その日、K君は隣の地域の暴走族仲間のP君(彼も在日)を連れてきていました。
私は、暴走族の友人は多かったですが、
私自身は暴走族ではなかったので、Pとは初めて会った上に、
その一度しか会ったことがないので彼の顔や素性も全く思い出せないのですが、
この日の出来事は、今でも鮮明に覚えているのです。
__________________________

その日、私達がたむろっていると。
道路の向こうから、金色のファイヤーバード・トランザムがやってきて、
私達の前で停まりました。

スッーと窓が開いて、年の頃なら20歳前後でしょうか。
パンチパーマに剃り込みの「いかにも」って感じの男性が・・・。

「おいぃっ、Kぇ~っ!探したぞぉ~。
お前なぁ、ウチの前通るときは、もっと静かに走らんかぁぃ!
オヤジがうるさいしぃ寝れへんって言うてるんじゃぁい」
と、明らかにシンナーをやっているだろうなと言う口調でまくし立てました。

話がわかりにくいので訳しますと・・・

男性は、KとPと知り合いで、
パンチパーマの男性はヤクザの若衆で、
自分が部屋住みしている親分の家の前を走るときは、
音を最低限にして静かに通り抜けろ!と言うことです。

それまで座っていたKとPは、直ぐにスッと立ち上がり、
手を後ろに組んで「ハイッ!、ハイッ!」と聞いています。
その男性は、周りに座っている私達には目もくれず、
ひとしきりまくしたてて、KとPの「スイマセンでした!」と言う声とともに
ファイヤーバードのアクセルを目ィッパイ開き、
大音響で去って行きました。

2人は顔を見合わせた後、
Pがポツリ「チッ。あいつ!部落のくせに偉そうにすんな!」

聞こえるか聞こえないかのポツリ声でしたが、
私にはハッキリと聞こえたのです。

Kは黙っていましたが、Kにもきっと聞こえていたはずです。

___________________________

KとPは在日朝鮮・韓国人で、我が国に於いてはマイノリティーです。
現在は日韓関係の悪化とともに、日本・韓国双方の国民感情も同じく悪化しておりますが、
それ以前は、「韓流ブーム」やワールドカップ・サッカーの「日韓共同開催」など、
日本人が韓国人に対する見方も概ね好意的でした。

しかし、私達が子供の頃(昭和50年代)は、まだまだ在日韓国・朝鮮人に対する
差別は、少なからずあった時代と言えます。
(今日の両国民の感情は「その頃」に逆戻りした感もありますが・・・)
 
同じく、同じ日本国民でありながらマイノリティーとされ、
長きに渡り差別されてきた部落民も、
かつては強固な身分制度によって、
下層に行くほどいがみ合う構造を作り上げられていました。

士・農・工・商・穢多・非人

「上見て暮らすな下見て暮らせ」と、穢多は非人を、
非人は穢多を互いに蔑み、いがみ合う。

弱者やマイノリティーを対象とした差別の連鎖とでも言いましょうか。

__________________________

「○○のくせに・・・」というのは、日常会話でもよく聞きますし、
在日外国人差別・部落差別だけじゃなく、
障がい者やホームレスへの差別なども多く見られます。

今回は、一例としてP君の話をお話しましたが、
このようなケースは、カタチを変えて日々数多く見られる事象です。

また、この頃の私は、依然部落を差別していましたので、
Pと同じ立場でしたら、もしかしたら、同じような事を言っていたかもしれません。 
繰り返しになりますが、互いの理解と努力によってのみ差別は解消されると
私は信じております。
(私自身、まだまだ理解の至らない所も多々ありますが・・・)

部落差別のみならず、あらゆる差別を撤廃することが、
真の平等社会といえるのです。


部落を皆さんに知ってもらいたい!

このブログを、多くの方に見てほしい。そして、

部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・

そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ


どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m

0 件のコメント: