~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年1月23日木曜日

あの子と遊んだらアカン!(生立ち編-6)

「あの子と遊んだらアカン!」
部落、在日外国人、素行不良・・・
こんな子供たちに、陰で囁かれる常套句です。

かつて、私の近所にも、多くの親から「あの子と遊んだらアカン!」と
言われていた少年が居りました。
話は、35年以上前に遡るので、記憶の断片をつなげるのに大変なのですが、
覚えていることをお話したいと思います。

名前はT君。
年齢は、私より5つくらい上だったと思います。
彼の家は、私の自宅から徒歩で5分ほど。
ですから、同じ小学校だったと思いますが、
小学校で見かけた記憶がありません。
もしかしたら、学校に通っていなかったのかもしれません。

彼の家の前まで、何度か行ったことがるですが、
夜に行った時の光景が、今でも脳裏に焼き付いています。
(ただ、何をしに行ったのか全く覚えていません。
夜のこともあり、友人と面白半分での行動だったかもしれません)

先程も申したとおり、彼の家は、私の自宅から5分ほど。
直線距離にしても、500m以内だったと思います。
自宅周辺には、在日朝鮮人居住者が多かったのですが、
日本人、在日とも普通の暮らし(特別裕福でも貧乏でもなく、
ごく一般的な暮らし)をしておりましたが、
なぜが、T君の自宅の路地5~6世帯だけ、
地域から取り残されたようでした。
昭和40~50年初めですから、市内の道路は
アスファルト舗装が普通であるにもかかわらず、
その路地だけは舗装がなく、家はバラック状で、
裸電球だけが、割れたスリ硝子から、うっすらと明かりを放っていました。

自宅や友人宅には、蛍光灯が明々と灯り、
家庭からは、テレビのこぼれ音と共に家族の笑いが聞こえる・・・
コレがあたりまえの「暮らし」だと思っていました。

T君宅のような暮らしを見たことがなかったので、
あまりにもショッキングな光景でした。


このブログをご覧の方は、ある程度知識を
お持ちの方もおられるでしょう。
私も、当時はわからなかったのですが、今思えば
所謂、「同和施策の施行前の部落の暮らし」その物だったのです。
だが、彼の家は同和地区ではありませんし、その頃の部落は既に、
法律に基づいて 、改良住宅が建てられ、
多くの公共施設が地区内に作られており、
「健康で文化的な、普通の暮らし」が行われていたので、
T君の暮らしぶりは、“非常に劣悪”であったと言わざるおえません。

しかし、悲しいかな、こんな世の中になっても、
この様な“劣悪”な地区は、今尚、全国に散在していると思われます。
その一つが、被差別部落でありながら、
同和施策を受けてこなかった(受けられなかった)「未解放部落」の存在があります。
被差別部落と言うのは、同和地区のことだけではありません。
同和地区というのは、被差別部落の中でも、行政による「施策」を
受けた地域のことであり、未解放部落は、同和地区ではないが、被差別部落なのです。

*スギムラ注:本来、「未解放部落」は共産党系の運動団体であった「全解連」が、被差別部落を指して用いた用語ですが、
当方の解釈として、【解放された部落=同和地区とするなら、
手付かずの部落=所謂、未指定地区を指すのに適しているのでは?】
と言う独自解釈のもと、当ブログでは、未解放部落は未指定地区を指すものと、理解して頂けたらありがたいです。

未解放部落が存在する原因はいくつか考えられます。
例えば、「部落規模があまりにも小さく、部落解放同盟が組織されなかった」、
「地区が、部落解放運動に消極的だった」などということが言えますが、
この事は、いずれ又、機会を見つけてお話させていただきます。

さて、話を戻しましょう。
この様な暮らしをしていたT君ですから、
身なりも、それ相応で、地域の親たちを不安がらせるに十分な格好でした。
それに、コレも貧乏な子供にありがちな話・・・「泥棒」。
貧乏と言えばこんな話、よく聞きますよね。
「給食費がなくなり、貧しい子どもが疑われる」などというケースは
ドラマの格好の常套句でもありました。

T君も、そんな噂が親たちの間で立っていました。
しかし、残念ながら、T君の場合は単なる噂ではなく、
実際に 他人のものを盗んだりしていたようです。

こんなT君でしたが、不思議なことに 親の不安をよそに、
一部の子供達には人気がありました。
「一部 」と言うことは、残りはやはり親の影響でしょうか?
「Tどっかいけ!」
「アホが来たぞ~!逃げろ!」と忌み嫌う子供は実際いました。

私は、タマに遊んだ事がある口ですが、
どの様な事をして遊んだとか、彼の顔さえも
うまく思い出せないのですが、なんというのでしょう?
人を惹きつけるものを持っているとでもいいましょうか?
とにかくそう言う人物でした。

多くの親が「あの子と遊んだらアカン!」と
言うのに対して、私の場合、親には言われなかったです。
又、T(呼び捨て)と呼び捨てにされるケースが多かったのですが、
私の母は、「T君」と 君付けで呼んでいました。
一部の親の中にも、私の親のようにある程度「好意的」に
思っている親もおられましたが、やはり多数は「遊んだらアカン!」でした。

少年時代、後にも先にも「あの子と遊んだらアカン!」という事を
見聞きしたのはT君だけでした。
しかし、今考えればあれが“差別”なんだと思います。
直接的な“差別”なのです。

私は、これまで、被差別部落を始め、在日外国人、身体障がい者の方々への
「差別」について学んできました。
いろんな人がいて、いろんな差別がある。
この事は残念ながら、人間が超えなければならない
「永遠のテーマ」なのかもしれません。
自分と誰かを比べたくなる。
自分より劣っている所を探してしまう。
「上見て暮らすな、下見て暮らせ」は、身分制度時代の格言?でありますが、
他人の(悪い所もあるでしょうが、それ以上に)良い所を見つけて認め、
尊敬できるようになればと願います。



部落を皆さんに知ってもらいたい!
このブログを、多くの方に見てほしい。そして、
部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・


そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m

0 件のコメント: