~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2014年5月24日土曜日

勉強嫌い(学習塾と同和学習センター)【生立ち編-25】

中学生になっても私は、あいも変わらず勉強嫌いでした。
当然成績は悪く、かなりの落ちこぼれ状態でした。
小学校の頃は 、家庭訪問期間でもないのに、
私の素行や成績の悪さから、
頻繁に担任教師が自宅に家庭訪問しに来てましたが、
さすがに中学生になるとそれはなくなり、
幾分、気分的には楽でしたが、
成績はドンドン悪くなっておりました。

この頃になると周りの同級生からも、
「さすがに、高校ぐらいは出とかな!」と
いう声も聞こえてきましたし、
自分でもこれはヤバイ!と思い、
同級生が通っていた学習塾に 
口利きで入塾致しました。

とある理由で在籍期間が短く、あまり内情は分かりませんが、
個人経営の塾で、どうやら初老の夫婦が
2人で教えているようでした。
教科は数学と英語の2教科だったと記憶しております。

入塾初日。
教科は英語だったと思います。
そこで私は、大きな屈辱を受けました。

全くひどい話で、今でもきっと「生徒を商品としか
考えていないんだろうな」と思えることなのです。

それは、こういう事でした。

成績が悪いから入塾しているので、
当然、授業内容は「ちんぷんかんぷん」でした。
そんな中でそのオバサン教師は私に当てるわけです。

私は・・・。答えられない・・・・。

そんな私に、ひどい言葉を他の生徒の前で言うわけです。
「こんな簡単なんもわからんの?」みたいな。

明らかに人を馬鹿にしている対応が、
中学2年の私にもわかりました。
そんなやりとりが何度かあって
塾終了後に「学力が相当低く、現学年のクラスでは
やっていけない。2学年くらい下げなければならないが、
とりあえずは1学年下げたクラスでやってもらう!」
概ねこのような理由だったと記憶しております。

言っていることは、確かにその通りで、自分でも
認めますが、あまりにも人を馬鹿にした態度!で
言葉の節々に蔑みが見て取れました。
当然、私はその態度に我慢ならず
その日のうちに塾をやめました。
これが、「とある理由」の一部始終なのです。

その後、私は別の友人の紹介で、
在日韓国人の方が経営している塾に入りました。
この先生兼経営者の方は日本名は確か、
ありふれた苗字でしたが、塾の看板には
韓国(本名)名が掲げられていました。

荒っぽい先生で、「怒りすぎて長机を割った」と言う
逸話の持ち主ですが、教え方は良かったですね。
生徒を生徒として、そして一個人として見てくれました。
間違っても、以前の塾のように個人を攻撃する、
又誹謗中傷をするということはなかったです。
そして、そこで務める他の講師達も
同じく「アツい」先生方達でした。

そんな環境でしたから、わかるんです。
今まで、チンプンカンプンだった勉強がわかるんです。
そして・・・面白いんです。
理解できることが。
解けることが。
勉強ができなかった落ちこぼれでしたので、
初めての感覚でした。

数ヶ月で、なんとか低い偏差値の私立高校へ入れるくらいの
学力が付きました。
今でこそ、少子化の影響で私立高校は男女共学が多いですが、
当時の私立高校は男子校・女子校とキッチリ別けられていました。
「青春まっただ中(笑)」の 頃でしたので、
三年間も男ばっかりはどうしてもイヤだ!!と、動機は不純でしたが、
「よ~し!なんとか男女共学の公立高校へ入ってやるぞ!」と
更に偏差値が高い公立高校へ入る目標を建てました。

この時の勉強経験が今に繋がっています。
本が好きになり、学ぶことが好きになりました。
生涯勉強をモットーに幅広く学習・研究をしていますが
そのカテゴリーの一つが、
このブログにあるように「部落研究」です。

部落研究は、まだまだ奥が深いものです。
一口に「部落」と言っても、多くの地域に異なった歴史を持つので、
それぞれ違った顔を持つ=多様性があります。
皮革産業が盛んな部落・食肉業に長けた部落・土木建築業に強い部落・
農村漁村部落・数百戸の大規模部落・僅か5戸程の零細部落・
川の傍の部落・背後に崖が押し迫る部落・坂がきつい部落・
同和地区指定された部落・未解放部落・消滅した部落・・・etc
コレを研究し尽くすには、多分生きているうちには終わらないでしょうねぇ。

話を元に戻しますが、
その後、成績も奇跡的に伸びて
念願の“男女共学!”の公立高校へ入学することが出来ました。
この高校での3年間が、その後の私の「差別者からの解放」への
大きな影響を与えた存在の内の一つであると思います。

次回以降は、生い立ち編も高校へ舞台を移します。
ただ、その前に「部落の塾」である“同和関連施設・学習センター”について
お話させていただこうと思います。



部落を皆さんに知ってもらいたい!

このブログを、多くの方に見てほしい。そして、

部落を知ってほしい。それが、差別をなくす早道だから・・・

そんな気持ちで、ブログランキングに参加しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ


どうぞ、クリックをお願いします。m(_ _)m

0 件のコメント: