~~~はじめに~~~

         「被差別部落」…皆さんはこの言葉を聞いてどう思われますか?
          私が、このブログを始めることにしたのは、職場で「○○地区は危ない」などと

          “心無い会話”が聞こえてきたからでした。それも複数の方から…。

          政策的には、約150年前に「解放」されたはずの被差別部落ですが、

          職場だけではなく、インターネットやパルプマガジン(低俗雑誌)などで、今尚、

          多くの差別があることを実感します。被差別部落出身の妻と結婚し、

          部落の暮らしを知る中で「部落の良さや暖かさ」を皆さんに伝えたいと思います。


         ※「生い立ち編」は、長期連載になります。少々長くなりますが、初めから

          読んで頂くことを強くお願い申し上げます(コチラからどうぞ)

2016年4月2日土曜日

坂に佇む最古級の救癩所~奈良・北山十八間戸:その2/見て記行って記被差別歩記-4

遠くに若草山を望む朝の遺構は、行き交う人もなく、
ただただ静かに朝日を受け、光り輝いていた。

「1.2.3・・・」
私は、3年前に訪れた時と何一つ変わらないその遺構を、
もう一度、端から端まで歩いてみた。

「4.5.6・・・
確かに18に仕切られている」

改めてゆっくりと数えながら歩いてみると、
その名の通り、18に仕切られた小部屋があった。

その一つ一つに“裏扉”が設けられており、
今にも消えそうな字で、一扉毎に「北山十八間戸」と縦書きされていた。

“裏扉”・・・
そう、ここは、十八間戸の裏側なのだ。

道路より一段低い建物は、
手を伸ばせば屋根にこそ、手が届きそうではあるが、
残念ながら、周りをぐるりと金網フェンスで取り囲まれているため、
建物正面を覗くことは出来ない。

しかし、一見すると寺のようにも見えるそれは、
建築物としては、独自の構造を持つものであった。

(グーグルマップより)

それを説明するには、まず、立地を見てみよう。

坂の中腹に位置する十八間戸は、
丁度、海の岬のように、丘陵の突き出た場所に、
崖側を正面にして建てられており、
裏側が通りに面するという特異な建て方であること。

又、今でこそ、周りには家が立ち並ぶ住宅街となっているが、
古くは、この地には墓が立ち並ぶ葬送の場であった事があげられる。

次に、建物であるが、
「十八間戸」というだけあり、平屋建ての非常に長い建物であるが、
内部は、仕切られた部屋だけなので、それに見合う奥行きがなく、
見た目には、古城の渡り廊下のようで、
「妙に“薄い”建物」と言う印象があるが、
最も、現在で言うならば、アパートやマンションのように、
横長の建物が普通に見みられるので、
言うならば、十八間戸は、住居効率のよい集合住宅のハシリみたいなものであろう。

ただ、先程も述べた通り、その立地に於ける建物構造は、
建物自体が『塀』のようになっており、
あたかも、外界との接触を拒んでいるかのように見て取れる。

===============

私は、しばらくその場に佇んだあと、
しばしあたりを見回し、中への入り口を探したが、
建物西側に、どうやらそれとわかる鉄門扉を見つけた。

しかし、意外にも、その鉄門扉の辺りには、
十八間戸の由来を示す案内板と、名を記した石碑とともに、
大量の植木鉢やプランターなどが置かれており、
隣接したお好み焼き屋さんの庭のようになっていたのである。
(グーグルマップより)

いや、隣接と言って良いのだろうか?
十八間戸は、この、お好み焼き屋(以下“お好み”と略)さんと、
一部敷地を共有しているようで、
権利関係が一体どうなっているのか知る由もないが、
どうやら、このお好みさんが、十八間戸を管理しているようであった。

私は、再度辺りを見回したが、
どうもそれ以外に出入り口はないようなので、
お好みさんの引き戸に手をかけた。

暖簾が掛かっていないばかりか、
幾ばくか商いを営んでいるような気配がないお好みさんの扉は、
案の定開くことがなく、呼び声にも応答がなかった。

私は、がっかりと肩を落としながらも、
とりあえず、全貌を見ようと、
お好みさん横の階段状の道を降り、
周りを一周してみることにしたが、
だが・・・と言うか、しかし・・・と言うか、崖の上の建物が見えるはずもなく、
うなだれながら、再度、十八間戸の裏口へ戻ってきた。

すると、それまで人っ子一人見なかった私の前に、
腰を曲げたおばあさんが、ゆっくりと歩いてきた。

「あぁ、あそこなら、町内会長さんが鍵持ってますよ」・・・

などという、嬉しい言葉を期待していたが、
返ってきた言葉は、
「あのお店に声掛けはったらよろしいいわ」・・・と言う、
ある意味、当然といえば当然の答えが返ってきたのだった。

これで、お好みさんの管理が決定的になったわけで、
その肝心のお好みさんが居ないことにはどうしようも無いので、
私は、このフィールドワークで見出した幾つかの疑問を晴らすべく、
その足で、北山十八間戸の研究に明るい
『奈良県同和問題関係史料センター』へと向かった。

【その3へ続く】
================

部落を皆さんに知ってもらいたい!
ブログランキングは、ランクが上位に来るほど新規閲覧者の目にとまりやすくなる仕組みです。
差別をなくす為に始めた「被差別部落の暮らし」をより多くの方がに見て頂ける方法の一つとして、ブログランキングに参加しております。下記の↓ボタンを押して頂ければありがたいです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
(別ページヘジャンプしてしまい、煩わしさをお掛けしますが、新しいブログを発見できるかも知れません)
どうか、クリックお願いしますm(_ _)m

4 件のコメント:

斎藤和樹 さんのコメント...

奈良県の天理市で収税課に以前勤務しておりました。
同和問題とお金の関係は切っても切り離せないので
コメントさせて頂きます。

差別とはいかないまでも
同和地区の住民が忌避される原因の一つとして
地域の治安の悪化があげられます。

改良住宅は格安で住めますし、優先権は同和地区の住民又は解放同盟関係者に口利きです。

またその住宅の又貸しで利益を上げたり(もちろん所得無申告で税金関連で揉めます)
暴力団と関わりがある住人が多くなりがちです。

そういうところから、同和地区は怖い近寄りたくないというイメージにつながります。

私は4年間収税課に勤務しておりましたが、
どうしても同和地区の住民の方々とのトラブルが多くなってしまいます。

市役所内で直接恫喝等も度々受けました。

その中で感じたことは、差別されているのだから優遇されて当たり前
と思っていらっしゃる方が多いと感じました。
中には直接そのような文言を私に語りかけてきた方もおられます。

差別されているという事がお金を集める手段として使われている
暴力団まがいの行為を行う方達がいる。
そういう方達にとって差別されていないと利益を得れずマズイことになる。
ここで本来の差別に苦しんできた方達と対立が生まれてしまいますし、
地区の住民の方々は怖いというイメージがついてしまい
悪循環になるという現実があります。

今は公務員を辞めてしまいましたが、
私にはどうすることもできませんでした。
差別問題にはこういった現実もあるんだという事を知ってもらうために
末筆ながらコメントさせて頂きました。

研二 さんのコメント...

半年間更新が止まっているようだが、これで終わりなのか
なんとも中途半端なブログである

s sugi さんのコメント...

研二さん
お叱りごもっとも!!

私も、そこを反省し、
ここ数日は、記事を書いており、
本日UPいたしました。

今後も、よろしくお願いします。

s sugi さんのコメント...

斎藤和樹さん。
被差別部落・同和問題・・・
たしかに、斎藤さんが勤務されていた頃、
(推測ですが、地対財特法が終結する平成14年以前だったのでは?)
は、そのような深刻な事態も一部では、あったのは事実です。

斎藤さんもおっしゃるとおり、
あくまでも一部の方々だけであり、
それが、同和地区民全体であるということは誤りであること、
私からも付け加えておきます。

それと、前記の地対財特法が終了してからは、
このような事例は、激減したことをご理解ください。

同和地区民も「おんぶにだっこ」から、「自立」したのです。